Wワークの派遣

おすすめ

WワークOKならたくさん働けていっぱい稼げる♪ダブルワークに最適な人材派遣会社をまとめました

空いた時間にWワークでかしこく稼ぐ♪空き時間を有効活用しませんか?副業・ダブルワークに興味がある人にオススメのWワークOKな人材派遣会社ランキングです。

WワークOKの派遣のお仕事について

最近ではお仕事を掛け持ちする方もたくさんいらっしゃいますね。そこで、こちらではWワークを許可してくれる派遣先はどういったところかをご紹介します。

Wワークでおすすめの派遣先いろいろ

おすすめは単発や短期、残業がないところ、もしくは働き手の数が多い企業への派遣先です。

例えば官公庁やコールセンターは残業も少ないので時間通りで帰ることができるので、Wワークに支障が出ることが少ないでしょう。

特にコールセンターはシフト制であったり、電話回線を減らすことができるので残業もなく、Wワークに適しています。実際にWワークをしている方も多い職種です。

その他、受付や軽作業系なども割と時間通りの職種です。ただし、必ず募集に「WワークOK」と書いてあるところや、掛け持ちしてもいいのかを面談や派遣会社に聞いてから掛け持ちをしましょう。

そして単発や短期はWワーク可で募集しているところがほとんどです。派遣であれば単発をたくさん紹介してもらえるので、就業中に単発に入れさせてもらうのも良いでしょう。

派遣スタッフとしてWワークで働くメリット、デメリット

メリットは派遣ということで事前にWワーク希望ということをお伝えしておけば、派遣先がWワークできる企業を探してくれます。Wワークの企業を探すのは通常であれば大変ですが、派遣は派遣会社にお任せすることもできるので見つけやすいのです。そういったことから、Wワークをしやすい環境下にあると言えます。

さらに、派遣は基本的に残業の少ないところを派遣先に持ち合わせていることが多いため、残業に出ることなく帰ることができることがほとんどです。

その理由は、派遣はライフスタイル重視であったり、あくまで期限付きの予定で採用する方針から、定時にしている企業が比較的多いためです。このようなことから、派遣はWワークに適しているということがわかります。

デメリットの1つとして、中にはWワークNGや残業ばかりといった厳しい企業が存在することです。採用時の契約条件次第では派遣会社に相談は可能ですが、企業の問題や事情でもあるため、希望企業がある場合はWワークがかなうとは限りません。
そのため、派遣であってもWワークをさせてくれるとは限らないということを覚えておいてくださいね。

Wワークをするなら派遣とアルバイトのどっちがいい?

派遣であってもアルバイトであっても、企業側が認めてくれた場合Wワークそのものは可能です。特に、アルバイトに関しては、ワークをすることは基本的に可能です。

では、派遣では難しいのか?というとそうでもありません。派遣は残業も少なく、基本は働く時間が決まっているのでWワークをする方も多いのです。

そのため、どちらでもWワークはできますので、優劣はありません。どちらもWワークできる仕事はあるでしょう。

派遣のWワークがおすすめの方

以下のような方が派遣のWワークがおすすめです。

1:Wワークできる仕事探しが面倒だと感じる方

派遣会社は登録すると、派遣先がマッチングしている企業を探し当ててくれます。たとえばアルバイトやパートの場合、自分で働き先を探し当てなくてはなりません。そうなってしまうと時間もかかりますし、Wワークできる先を見つけることも大変になってきます。そのため、仕事探しをしてもらいたい方には派遣はおすすめです。

2:スキル、前職や経験を持っている方

スキルなどを持っている場合は勤め先が有利に進む傾向があります。企業は派遣される方のスキルで即戦力になることを重視して採用します。そのため、経験を持ち合わせている方は派遣に登録すると採用までが早いので、おすすめできます。

3:できるだけ高い受給で多くの金額を稼ぎたい方

派遣は通常のアルバイトよりも給料が高いことがメリットとしてあげられます。そのため、仕事の比重は重くなってしまうこともありますが、多くの金額を稼げる傾向にあります。時給重視の方には派遣はオススメです。

4:働く職種を問わない器用な方

派遣に向いている方は、基本的に職種を問わず器用に仕事をこなせる方が有利です。その理由は、派遣会社は企業とあなたをマッチングしてくれるので、働き先に選べる企業が多い方が勤め先をみつけやすいからです。

Wワークの仕事を探すのにおすすめの派遣求人サイトランキング

1位、マイナビ派遣

マイナビ派遣は派遣先の数も多く、様々な職種を取り揃えています。そのため、どの地域の方でも検索ができるすぐれものの派遣サイトですよ!

>>マイナビ派遣の登録のページはこちら

2位、ジョブセンス

派遣求人の数がとても多く、人気のオフィス系やテレオペやサービスなど女性に人気の職種が多く掲載されています。また、採用されるとお祝い金が2万円!などといった企業も多いので、お得に就職することができる可能性もありますよ!

>>ジョブセンスの派遣登録のページはこちら

3位、派遣style

女性向けのサイトで、件数は多すぎるということはないものの、手堅い企業が載っていると知名度の高いサイトです。サイトがシンプルで見やすく、超有名企業以外にも、地場企業などの掲載もあるのでおすすめです。

>>派遣styleの派遣登録のページはこちら

総括

以上のことから、Wワークをしたいと考えている方にも派遣はお勧めできることがわかりました。

Wワークをしたい方は必ず事前にWワークを希望している旨を伝えておきましょう。そうすれば、Wワークできる職種や企業をピックアップしてくれ、早く就職に付ける可能性も高くなります。

また、Wワークをしやすい職種としてコールセンターや官公庁、受付や軽作業がおすすめです。その理由としてはシフト制や残業なし、単発、短期であることなどが挙げられます。

忙しい企業や特殊な職種はWワークが難しいといった傾向にありますので、できる限り働いている人の数も多く、代わりがつきやすい職種を選ぶとよいでしょう。

そのため、職種や企業にこだわって仕事を決めるのは難しい傾向があります。Wワークの仕方のない部分になりますので、ご注意くださいね。

また、Wワークには体力が必要です。職種は同じものを選ぶよりも別の職種を選ぶようにしましょう。

たとえばオフィスワーク(座り仕事)と軽作業(体を動かす仕事)であったり、テレフォンオペレーター(話す仕事)と官公庁の事務(あまり離さない仕事)など、仕事の系統が異なると気分転換にもなり、良いかと思います。

最新のエントリー一覧

経済的には正社員に劣るが、プライベートを優先させることができる
"まず派遣のメリットは、もしその職場が自分に合わないと思ったら、契約を更新しない...

合わない場所はとことん合いません
"何件か派遣業務をしまして、その中のきつかったものを。 まず意外と多いのが、多忙...